食器・割れ物類(メルカリ出品攻略ガイド)

新生活や引っ越しごとに、食器や雑貨を新調することがあると思います。

使用しなくなったけど、かつてお気に入りだった小物類、捨てるにはもったいない・・・。

そんなときは、思い切ってメルカリに出品しちゃいましょう!

こちらのページでは、商品を 出品する際のポイントや、商品を発送する際におすすめの 「配送方法」「梱包方法」などのお役立ち情報をご紹介します。


「出品」や「発送」の方法について事務局へ問い合わせたい場合は、 こちらをご確認ください。


出品する際のポイント・商品が早く売れるためのコツ

POINT.1:様々な角度から商品を撮影する

食器類を出品する場合は、表・裏・側面、底など様々な角度から商品を撮影しましょう。

また、質感がわかるような写真があると、商品の魅力をより良く伝えることができます。

汚れや傷がある場合は、該当箇所の撮影も忘れずに。

▼ 食器の撮影方法は、動画でもご確認いただけます

再生されない場合はこちら


POINT.2:商品説明に詳細を記載する

サイズや商品状態(傷、汚れ具合、付属品の有無)は、できるだけ細かく記載しましょう。
使用頻度等は質問されることが多いので、あらかじめ記載しておくのがおすすめです。

また、出品する商品がブランド品の場合は、ブランド名やコレクション名も記載しましょう。

▲トップへ戻る

商品の梱包方法

商品が売れたら、丁寧に梱包して発送しましょう。

梱包手順は、以下からご確認ください。


STEP.1:梱包材を用意する

以下の梱包材を用意しましょう。

  • 緩衝材(エアキャップ、新聞紙など)
  • ダンボール資材
  • ガムテープや養生テープ

メルカリでは、専用の梱包資材をご用意しております。
詳しくは、 こちらをご確認ください。


STEP.2:緩衝材で商品を包む

傷がつかないように新聞紙やエアキャップなどの緩衝材でひとつずつ包みます。
※ふたや皿などとセットになっている商品は、本体と付属品を別々に包んでください


STEP.3:商品とダンボールの間に隙間ができないように緩衝材を詰める

商品を詰め終わったら、商品がダンボールの中で動かないように緩衝材を詰めて固定してください。

緩衝材はクッションの役割なので、ダンボールの底面にも忘れず緩衝材を敷きましょう!

※商品とダンボールの間に隙間があると、輸送中の衝撃や揺れで商品に傷がついたり破損してしまう可能性があります

梱包資材に商品を入れた後は、輸送中に開封口が開かないようガムテープ等でしっかり閉じましょう。

STEP.4:商品が割れ物とわかるように明記する

以下のような方法で、箱の中身が割れ物であることを明確にしましょう。

  • 割れ物注意のステッカーを貼る
  • 割れ物である旨を配送伝票に明記する

これで、梱包は完了です。

▼ 食器の撮影方法は、動画でもご確認いただけます

再生されない場合はこちら

▲トップへ戻る

おすすめの配送方法

梱包が完了したら、設定した発送までの期日内に商品を発送しましょう。

※出品時に配送方法を 「らくらくメルカリ便」または 「ゆうゆうメルカリ便」に設定いただくと、全国一律の税込料金で商品の配送が可能です
※ 梱包資材を含めた荷物の縦、横、高さの合計と重さ によって料金が確定されます

▲トップへ戻る

出品や発送の方法について、事務局へ確認したい場合

出品の手順や、 配送方法・梱包方法についてご不明点がある場合は、お気軽にお問い合わせください。
お客さまのお困りごとに応じて、事務局がサポートいたします。

  • Webサイトからのお問い合わせ方法
    • Webサイトからメルカリアカウントにログイン後、「マイページ>お問い合わせ」よりお問い合わせください。
  • アプリからのお問い合わせ方法
    • こちらよりお問い合わせください。
      ※お問い合わせ導線まで遷移します

    上記リンクからお問い合わせ画面に遷移しない場合は、お手数をおかけいたしますが、以下手順でお問い合わせください。

    お問い合わせ手順

    1. アプリを起動する
    2. マイページ>お問い合わせ>お問い合わせ項目を選ぶ> はじめての方へ の順で進む
    3. 問い合わせしたい項目を選択する
    4. 問い合わせ内容を入力し、送信する

▲トップへ戻る

関連のメルカリ出品攻略ガイド

この記事は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました

    ご協力ありがとうございました