割れ物など壊れやすい物の梱包例

  1. 傷がつかないように新聞紙やエアキャップなどの緩衝材でひとつずつ包みます。
    ※ふたがあるものは、本体とふたを別々に包んでください
  2. ダンボールの底面に緩衝材を敷き、商品を詰めます。
    緩衝材は余ったエアキャップや新聞紙がおすすめです。
  3. 詰め終わったら、動かないように緩衝材で固定し、発送をしてください。

※梱包に隙間があると、配送の際に破損してしまう可能性があります

この記事は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました

    ご協力ありがとうございました