知的財産権を侵害するもの

概要

メルカリでは、商標権や著作権などの知的財産権を侵害する商品の販売を禁止しています。
権利者の許諾を得ずに、使用や利用することにより権利侵害となる可能性があります。

違反を確認した場合は取引キャンセル・商品削除・利用制限となる場合があります。

違反商品の出品抑止の取り組みとして、権利者と協力し権利侵害と認められる商品は速やかに削除する等の対応をしています。
なお、権利者以外からの侵害に関する申し立ては受けられませんのでご了承ください。

どのようなものが違反になりますか?

  • 権利商品のロゴ、デザインやマークを許諾なく使用していると判断される商品
  • ブランド品の全部または一部を加工したリメイク品
  • 他の洋服等に付ける素材として出品されたブランドのロゴワッペンなど
  • 許諾なくキャラクターなどを使用したハンドメイド品、同人誌など
  • 違法に複製された音楽CDやDVD(個人的に複製したものを含む)
  • 芸能人の写真を無断で利用している商品
  • コピーガード(無断複製を防止)を回避するツール
  • その他、侵害行為を幇助する商品・正規品と確証がない商品と判断した場合
  • 事務局が正規品と確証がない商品と判断した商品


模倣品を流通させない取り組みとして、以下のようなケースでも「正規品と確証のない商品」として削除の対象となることがあります。

  • 購入時レシートの写真掲載がない場合
  • シリアルナンバーの写真掲載がない場合
  • 入手経路が不明確の場合

違反にならないケース

以下は、著作物の権利者とライセンス契約をしているため、ハンドメイド品で二次創作物の出品ガイドラインに準じていれば出品が可能です。(10%の販売手数料に加えて、ライセンス料として10%が課されます)

  • Ingressの出品ガイドラインに関してはこちらをご確認ください
  • 宇宙兄弟の出品ガイドラインに関してはこちらをご確認ください

その他の情報

以下は、メルカリで発生する可能性のある知的財産権侵害に関連する一部の内容です。

著作権侵害
著作権は、小説、音楽、アニメなど作者の思想や感情が表現された著作物を対象とした権利です。
侵害例:キャラクターを模倣してハンドメイド作品として販売すること

商標権侵害
商標権は、自社と他社の商品を区別するための文字、図形、記号などを独占的に使用できる権利です。
侵害例:ロゴマークを許諾なく使用した商品を販売すること

意匠権侵害
意匠権は、製品や商品のデザインについて独占的に使用できる権利です。
侵害例:ブランドマークを使用していなくても、デザインを真似た商品を販売すること

不正競争防止法違反
不正競争防止法違反は、他人の著名表示の不正使用行為、他人の商品の形態を模倣したコピー商品の販売などが違反にあたります。
侵害例:偽物と分かって作成したり、販売すること

※知的財産権に関する詳しい内容ついてはこちらをご覧ください

禁止されている出品物一覧に戻る

この記事は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました

    ご協力ありがとうございました