安全面、衛生面に問題のある食品類

概要

食品については各種法令の他、安全面、衛生面を考慮したうえで出品のルールを設けています。

出品時には消費(賞味)期限と食品表示が確認できる写真を掲載してください。
また、保健所の許可を得ている場合でも、安全面・衛生面から生の食肉や魚介類の出品は禁止しています。

違反を確認した場合は取引キャンセル・商品削除・利用制限となる場合があります。

どのようなものが違反になりますか?

  • 開封済みの食品(複数の開封済みの食品を詰め合わせにする場合も含む)
  • 消費(賞味)期限および食品表示の記載のない食品
  • 消費(賞味)期限が既に切れている食品
  • 消費(賞味)期限が到着後1週間以内に切れる食品
  • 生の食肉、魚介類
  • 要冷蔵の食品類
  • 保健所などの許可がない加工食品、販売に特定の許可が必要な食品類
  • 健康増進法に違反する食品
  • その他、事務局が不適切と判断したもの

違反にならないケース

以下に該当する個包装食品は、外装を開封していても出品可能です。

  • 個包装食品に「消費(賞味)期限」が記載されており、その表示が商品写真で確認できる場合
  • 消費(賞味)期限が記載されている外装が商品写真で確認でき、その外装を同梱して発送する場合

個包装食品の出品についてはこちらのこちらもご覧ください。


禁止されている出品物一覧に戻る

この記事は役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました

    ご協力ありがとうございました