偽ブランド品・模倣品・レプリカについて

ブランド品の偽物を販売、譲渡する行為は商標法、意匠法、著作権法などの法律で禁止される違法行為であり、懲役10年以下、罰金1000万円以下の刑罰が科される可能性があります。

本物、正規品と確証のない商品は削除の対象となることがありますので、正規品の証明となる購入時のレシートやシリアルナンバーを写真に掲載し、入手経路を商品説明に記載してください。

偽物の出品は絶対におやめください。正規品かどうか不確かな場合も出品をご遠慮ください。

以下のような場合、取引キャンセル・商品削除・退会処分の対象となります。

  • 事務局が偽ブランド品・模倣品・レプリカ、正規品と確証がない商品と判断した場合
  • 権利者から直接削除依頼があった場合
  • 偽ブランド品・模倣品・レプリカの可能性がある商品を見つけた場合は、購入せず、商品ページの「いいね!」「コメント」の右側のボタンから「商品の報告」をお願いいたします。


    ※権利者向けに権利侵害品の削除申立て手続きを簡略化できる「権利者保護プログラム」を提供しております
    権利者保護プログラムについて

    また、権利者保護プログラムに参加いただかなくても、権利者であれば権利侵害品の削除申立てが可能です。
    こちらのフォームよりご連絡お願いいたします。

    この記事は役に立ちましたか?

    ご協力ありがとうございました

      ご協力ありがとうございました