フリマアプリ「メルカリ」

お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • メルカリとYahoo! Japan、 安心安全なeコマース環境整備を目的とした「EC事業者協議会」を設立 ~日本の主要eコマースサービス事業者が不正利用や消費者被害に共同で対応〜

メルカリとYahoo! Japan、 安心安全なeコマース環境整備を目的とした「EC事業者協議会」を設立 ~日本の主要eコマースサービス事業者が不正利用や消費者被害に共同で対応〜

報道関係者各位
2017年9月4日
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
メルカリとYahoo! Japan、安心安全なeコマース環境整備を目的とした「EC事業者協議会」を設立
~日本の主要eコマースサービス事業者が不正利用や消費者被害に共同で対応〜
https://www.mercari.com/jp/
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
国内でeコマースサービスを展開する株式会社メルカリ(以下、メルカリ)とヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、安心安全なeコマース環境整備を目的とした「EC事業者協議会」を8月25日に発足し、同日、第一回の協議会を開催したことをお知らせします。

 eコマースの市場規模は年々拡大し、取り扱う商品・サービスの多様化や個人間取引の拡大など、その利便性はますます向上しています。その一方で、違法な物品・サービスの出品や金融に係る不正利用、個人間取引のトラブルなど様々な課題が存在するのも事実です。これらの課題への対策については、事業者がすでに個社ごとに対策を実施していますが、その対策の裏をかくような新たな不正利用がすぐに発生する状態が続いています。海賊版や偽ブランド品問題など一部の問題については、EC事業者や権利者の間で問題解決に向けた活動が先行していますが、その他の問題を包括的に協議する場はこれまでありませんでした。

 このような状況を受け、日本においてeコマースサービスを展開するメルカリとYahoo! JAPANは、eコマースサービスに関連して生じる様々な課題について包括的に協議する「EC事業者協議会」を設立しました。第一回の協議会には、関係省庁である消費者庁、総務省、経済産業省がオブザーバーとして参加し、今後は、課題の広がりに応じて、その他の事業者や関係省庁にも参加を呼びかけてまいります。
 本協議会の事務局は、すでにインターネット上の違法・有害情報対策などで関係省庁などと取り組みを行っている一般社団法人セーファーインターネット協会が担当します。

「EC事業者協議会」は関係省庁や事業者などとeコマースサービスに関連して生じる様々な課題について包括的に協議・解決に向けて取り組むことで、消費者保護やeコマースの健全な発展のための活動を推進します。

【構成員】
・メルカリ
・Yahoo! JAPAN
※その他の事業者の参加についても調整中

【オブザーバー】
・消費者庁
・総務省
・経済産業省
※その他の関係省庁の参加についても調整中

以上

【メルカリ概要】
会社名:株式会社メルカリ
所在地:〒106-6118 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー18F
事業内容:スマートフォン向けフリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運営
代表者名:山田進太郎

【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
事務局:一般社団法人セーファーインターネット協会
https://www.saferinternet.or.jp/form/

株式会社メルカリ 広報担当:小池・片山・中澤
Email:pr-mercari(at)mercari.com
※大変お手数ですが(at)を@に置き換えをお願いいたします
※メルカリのロゴ・アイコン利用につきましては以下のページをご確認ください。
https://www.mercari.com/jp/logo-guidelines/