Now shipping internationally! Shop with our partner Buyee!
Shop Now

値下げ!超希少本!女ひとり ミヤコ蝶々 昭和41年初版 帯付 落款箋

『値下げ!超希少本!女ひとり ミヤコ蝶々 昭和41年初版 帯付 落款箋』は、3498回の取引実績を持つみっちゃんさんから出品されました。文学/小説/本・音楽・ゲームの商品で、埼玉県から1~2日で発送されます。

¥3,900 (税込) 送料込み
出品者 みっちゃん
3498
0
カテゴリー
本・音楽・ゲーム
文学/小説
ブランド
商品の状態 目立った傷や汚れなし
配送料の負担 送料込み(出品者負担)
配送の方法 らくらくメルカリ便
配送元地域 埼玉県
発送日の目安 1~2日で発送
¥3,900 (税込) 送料込み
Buy this item!

Thanks to our partnership with Buyee, we ship to over 100 countries worldwide! For international purchases, your transaction will be with Buyee.

ミヤコ蝶々さんの帯付き初版本です。 サイン本ではありませんが、落款紙付きです。 初版も帯付きも希少です。 カバーも帯も綺麗です。 本体にはシミあります アマゾン、ヤフオク、、、 初版本すらどこにもありません。 もちろん帯付きもありません。 参考、アマゾン。 ¥ 2,770 +送料 条件および注意事項: コレクター商品 - 良い 綺麗な表紙カバー有り。帯無し。天地にシミ有り。やや経年茶。中は綺麗。書き込み無し。1975年改装第7版。 序文は松山善三 奥付にはミヤコ蝶々さんの検印紙用箋 と綺麗な落款が押されてます。 昭和41年でも420円もしました。今なら2800円? 鶴書房 昭和41年 初版 帯付き ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう、女性、1920年7月6日 - 2000年10月12日)は、日本の女優、漫才師。本名、日向 鈴子(ひゅうが すずこ)。長らく上方漫才・喜劇界をリードした関西を代表するコメディアン 早くから舞台生活を送ったため、十分な教育を受けられなかった。「蝶々・トンボ」時代までは台本に書かれた難しい漢字が読めず、夫に「何という字?」と稽古中に何度も尋ねていた。この光景を見た秋田實が「南都雄二」という芸名を思いつき上方トンボから改めさせた、という話が知られているが俗説である。喜味こいしによると、「南都雄二」という芸名は「上方トンボ」という芸名を嫌っていた雄二がこいしの兄の夢路いとしに改名を相談し、俳優の堀雄二の「雄二」と、蝶々の「ミヤコ」に対して「南都」を付けた名前に改名したものであるという。 ドラマ『たんとんとん』で共演した森田健作の一人息子の名づけ親でもある。 国民的映画『男はつらいよ』の初期作品において主人公車寅次郎の実の母・キクの役を味の有る演技でこなしている。 海原千里・万里(特に千里(後に上沼恵美子)を高く評価していた。1987年にリニューアルされた夫婦善哉も新司会者に上沼が起用されている。 北野武との共演番組で女性の初体験の時の場所が話題になり、北野より彼女に話が振られたときに、若い時から舞台に立っていたので裏でそんな事があったかもと虚実はぐらかして答えている。 京唄子 佐藤オリエ 鳳啓助 榊原るみ 森川信 映美くらら 清川 虹子 65