フリマアプリ「メルカリ」

採用情報

USチームインタビュー

プロダクトマネージャー
片岡 慎也

データサイエンティスト
飯田 修一

USチームインタビュー

全社で、チームで、世界に挑戦する

片岡

USアプリの企画・開発については、基本的に日本にいるメンバーも全員USアプリに関わっているのですが、USアプリだけに関わるメンバーという意味合いであれば、企画としては私も含めプロダクトマネージャーと、サーバーエンジニア、クライアントサイド等の各種エンジニアが1名から2名ずつ、あとはデータサイエンティストと、翻訳者が数名いるという感じですね。

飯田

日米合わせてデータ分析職は私ひとりです。データ分析という業務自体は、エンジニアの方だったり、プロデューサーの方達ともやることがあるので、わりとチームで仕事しているという感じはあります。

大胆なチャレンジで文化の違いを乗り越える

USチームインタビュー

片岡

システムの仕組みとしては、日本と同じものを使っているので、日本のノウハウは活かせるんですけど、どういった企画が刺さる、刺さらないというのは、アメリカは日本とは違うなと思っていますね。

飯田

メルカリというサービス自体は、人々の生活に近しいというか、生活に根差し得るサービスだと思っています。なので、文化的な違いというのは受けやすい部分があるのかなと思う一方で、我々が作ろうとしているものというのは、地域の差だったり、世代の差だったり、文化の差を越えた普遍的なインフラを作ろうとしているんですね。その壁を乗り越えるために、データに基づいて、人々の行動を分析して、アイディアを出して乗り越えていく、というのはチャレンジングだと思うんです。だからこそ面白いのかなと思っています。

片岡

例えば、日本のメルカリの経験から「ここの数値が上がれば売上もついてくるよね」というような、方程式みたいなものがあるんですけど、実際アメリカでは、そのままでは適用できないという事がわかってきて、なので日本とは違うアプローチで、日本では今まで付加的についてきたKPIに、USではそこを集中してやらないと売上は上がっていかないよね、という事がわかってきているので、どうやってアメリカナイズさせた機能を作っていくかというのは、日本のものをコピーするだけではできないですし、チャレンジングかなと思っています。

飯田

急成長した会社に一回いたような方が多くて、メルカリが今まさに急成長中なので、直面する問題に対して簡単にコンセンサスが取れるというか、いま直面している問題はこういう事だとか、放っておいたらこれからこういう事が起きるとか、そういったところはすごく楽で、やりやすい、いい事だなと思います。

世界的に使われるサービスを目指して

片岡

「ゼロからイチ」のフェーズにまだ近いのかなと思っていて、ある程度できあがったサービスを、もっと大きくしていこうではなくて、どういった価値を提供していくのが本当にお客様のためになるのか、という本当にゼロからイチの部分をやっていると思うので、そういった経験は積めるかなと思います。

飯田

このメルカリという会社だったり、USチームが直面している問題というのは、今まで日本のIT系の企業が乗り越えた事の無いような類の問題だと思うんですよね。日本発のグローバル展開という感じで。なおかつ、メルカリはそれを乗り越える近い位置にいるんじゃないかなと思っています。そういう体験ができるのは良いところだと思うので、一緒に頑張っていきたいですね。

USチームインタビュー