メルカリあんしん自動車保証制度に関する利用特約【購入者用】

メルカリあんしん自動車保証制度(以下「本保証制度」といいます)に関する利用特約(以下「本特約」といいます)は、弊社が運営するインターネットサービス「メルカリ」(以下「メルカリ」といいます)において、本保証制度の利用の諸条件を定めるものです。本保証制度をご利用されるユーザーは、本特約の内容を十分に理解し、本特約にご同意いただいたうえで、本保証制度をご利用いただくものとします。なお、本特約は、メルカリ利用規約(以下「本利用規約」といいます)の一部を構成し、本特約に定めのない事項は、本利用規約の定めが適用されるものとします。本利用規約の内容と本特約の内容が矛盾する場合は、本特約の内容が優先するものとします。本特約で使用される定義は、文脈上別異に解すべき場合を除き、本利用規約における定義に従うものとします。

第1条 本保証制度、本特約について

  1. 本保証制度は、出品者が、メルカリ上で中古自動車を出品するにあたり、第2条に定める手続きを履践した結果、弊社が保証の対象と認めた自動車(以下「サポート対象商品」といいます)について、書面又は電磁的な方法その他の手段により出品者と連名で保証書を発行した上で、第3条2項に定める期間に、第3条1項に定める修理事由が生じた場合に、第3条2項の定めに基づき無償修理(以下「保証修理」といいます)を行う制度です。
  2. 本保証制度の提供にあたっては出品者と弊社が連帯して修理債務を負います。
  3. 本特約は、本保証制度を利用することに同意したユーザーに対して適用されます。購入者は、サポート対象商品の購入を申し込んだ時点において、本特約に同意するものとします。

第2条 保証手続について

  1. 出品者が、メルカリ上に出品する中古自動車につき本保証制度の利用を希望する場合、別途弊社が指定する手順に従い、当該自動車について弊社所定の問診表に回答いただき、かつ当該問診に対する回答の内容(以下「出品者回答内容」といいます。)が真実かつ正確である旨を表明するものとします。
  2. 購入者は、前項に基づく手続きを経た自動車を購入し、購入者の指定した住所到着後、ただちに善良な管理者による注意義務をもって瑕疵のないことを確認した上で、当該自動車を受領した日から15日以内に名義変更手続きを完了した後、弊社所定の方式に従い、自ら出品者を評価するものとします。

第3条 保証の内容について

  1. 弊社は、購入者が購入したサポート対象商品の対象部品(別紙2参照)に隠れた瑕疵があること(以下「修理事由」といいます)を条件に、次項に定める保証対象期間および方法で保証修理を提供いたします。
  2. 保証修理の方法は、新品の部品に限らずリサイクル部品やリビルト部品を用いて、弊社または弊社が指定する第三者(以下「受託者」といいます)所定の方法で行います。また、購入者から保証修理の請求を受けた場合の対応、専用コールセンターの運営、保証修理の対象となる整備工場の手配等、本保証制度の運営については、弊社または受託者所定の方法で行います。なお、出品者は、保証修理により取り外した交換部品の所有権を弊社または受託者に譲渡するものとします。ただし、弊社または受託者が当該所有権を取得しない旨の意思表示をした場合はこの限りではありません。
    名称 保証期間 対象部品
    メルカリあんしん自動車保証制度 購入者が移転登録(名義変更)の登録手続きを完了し、取引評価完了後から起算して90日間 別紙2参照
  3. 弊社が前項において提供する保証修理の上限額(以下「メルカリ負担額」といいます)は、前項の保証期間を通じ、累計30万円相当額とします。ただし、サポート対象商品の商品代金が30万円を下回る場合、メルカリ負担額は、当該商品代金相当額とします。

第4条 本保証制度の適用対象外

  1. 購入者は、第3条1項に定める修理事由が次の各号のいずれかに該当する場合は、保証修理の提供を請求することはできません。
    1. ユーザーの不正行為に起因する場合
    2. 無償修理の役務を詐取する目的またはユーザー以外に詐取する目的がある場合
  2. 購入者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、保証修理の提供を請求することはできません。
    1. 購入者が不当に価格をつりあげて、または自己取引により、サポート対象商品を購入していた場合
    2. 他の保険、保証制度等や、出品者、加害者等他の者から補償、賠償または商品代金の全部もしくは一部の返金を受けた場合
  3. 次に示す不具合(取引通念上、本件サポート商品が通常有すべき品質・性状を有さず欠陥が存在している状態を含むが、これに限りません)については、本保証制度の適用はいたしません。
    1. 通常の注意で発見・処置できたにもかかわらず、放置したことにより拡大した不具合
    2. 保守もしくは整備の不備または間違いに起因する不具合
    3. 第5条(遵守事項)が守られていないことに起因する不具合
    4. メーカーが指定する油脂類(オイル、不凍液など)と同等のもの以外の使用によって生じた不具合
    5. 法令もしくはメーカーが認めていない車両の改造に起因する不具合
    6. 取扱説明書に記載している取り扱い方法とは異なる不適切な使用、不適切な保管、仕様の限度を超える酷使(サーキット走行、レース、ラリーなどによる過酷な走行、エンジンの過回転、過積載、乗車定員超過、走行速度超過など)に起因する不具合
    7. 補修・改造(福祉対応部品等含む)に起因する不具合及び、メーカー・メーカーの販売会社(以下「ディーラー」といいます)・各正規販売店以外の者(外注工場を含む)が取り付けた部品・架装した部品に起因する不具合
    8. 道路運送車両法の保安基準に適合しない車両の不具合
    9. 対象外部品を主原因とする対象部品の不具合
    10. 以下の車両について生じた不具合
      • 人の運送の用に供する乗車定員10人以下の普通自動車及び人の運送の用に供する小型自動車を除く、全ての自動車(営業用途車両(緑・黒ナンバー)・レンタカー・特殊車両・特種用途自動車(身体障がい者輸送車・車いす移動車を除く)・レース、ラリー、トライアル等の通常使用目的以外で使用する車両・違法改造車両を含みますがこれに限りません)
  4. 次に示す経年性の現象や、不具合と認められないものについては本保証制度の適用はいたしません。
    1. 使用損耗あるいは経年変化により発生する現象、及びそれに起因する不具合(塗装面・メッキ面・内外装部品・ゴム樹脂部品・カーボン部品などの自然退色・劣化、磨耗、室内やライト類などへの雨漏れ、水浸入や結露などを含むが、これに限りません)
    2. 一般に、自動車の品質・機能に影響がないことが認められている感覚的な現象(操作フィーリング、異音、振動、滴下をともなわないオイルのにじみなどを含むが、これに限りません)
    3. 不具合の症状に再現性がなく、整備工場で症状を確認できない場合
  5. 次に示す不具合は外的要因によるものであり、本保証制度の適用はいたしません。
    1. 煤煙、薬品、鳥糞、オイル、酸性雨、石はね、鉄粉、降灰、ほこり、ちり及び塩分などの外的要因に起因する不具合
    2. 地震、噴火、津波、地盤変動、地盤沈下、風害、水害、その他天災に起因する不具合
    3. 使用上の破損、事故、火災、落雷、破裂、衝突、爆発、または外部からの物体の落下、飛来もしくは転倒などの偶然かつ外来に起因する不具合
    4. 核燃料物質(使用済燃料を含みます)もしくは核燃料物質によって汚染された物(原子核分裂生成物を含みます)の放射性、爆発性、その他の有害な特性またはこれらの特性による事故に起因する不具合
    5. 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他類似の事変または暴動(群集または多数の者の集団行動によって全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態をいいます)に起因する不具合
  6. 次に示すものの費用は負担いたしません。
    1. 消耗部品及び油脂類などの交換・補充費用
    2. 法令ならびにメーカーが指定・推奨する点検整備及び定期交換部品の費用
    3. ホイールのバランス・アライメントなどの調整費用、及び点検・清掃費用
    4. サポート対象商品の部品に含まれるコンピュータ、ソフトウェア、マイクロプロセッサー等の集積回路またはこれらの類する部品が日付または時刻を正しく認識、処理、区別、解釈または受入できない場合の修理費用
    5. オーディオ、ナビゲーション、ETC、ドライブレコーダー等のコンピュータ等の記録媒体に記録されているプログラム・データその他これらに準じるもの(バージョンアップやデータの書き換えに必要なROMの更新作業費用を含む)
    6. メーカーがリコール宣言を行った後のリコール原因となった部位にかかる修理費用
    7. 保証対象部品の不具合によって、付随的に発生した以下のいずれかに該当する作業、部品、不具合に関する費用
      • 売買後に取り付けられた部品
      • メーカー・ディーラー・各販売店以外の者(外注工場を含む)が取り付けた部品
      • 交換時期が到来している定期交換部品、消耗部品、油脂類など
      • 錆、腐食、過去の整備不良、外因などの原因により再使用不可な部品等
    8. 保証期間の開始以前に修理事由の存在が発覚している場合(客観的に、外形上修理事由の存在が発覚していたと判断できる場合を含む)の当該修理事由に関連する修理費用
    9. サポート対象商品が使用できなかったことによる不便さ及び損失など(電話代、交通費、タクシー代、レンタカー代、けん引代、宿泊代、休業補償、商機逸失の補償、納車・引取費用などを含むが、これに限りません)
    10. 再修理を実施した際における重複作業・部品に関する費用
    11. 出品者の故意または重過失による修理費用並びに故意または重過失と合理的に推定できる場合の修理費用
    12. (1)から(11)にあげるものの他、別紙2に記載の対象部品に該当しない部品の修理費用

第5条 遵守事項

購入者が次の事項を遵守していない場合、保証修理いたしません。

  1. 法令で定められた日常点検、定期点検整備、及びメーカーが指定する点検整備(以下まとめて「検査等」といいます)の実施
  2. 検査等に基づく、定期交換部品の指定通りの交換、及び定期交換推奨部品の指定通りの交換
  3. 保証期間中に有効期限が到来する車検について、継続検査期間内の受検

第6条 禁止事項

購入者は、本保証制度の利用にあたり、以下の行為を行ってはなりません。

  1. 本利用規約におけるユーザー登録の取り消し・利用停止事由に該当する行為
  2. メルカリガイドに記載された禁止行為
  3. 本保証制度のご利用(本保証制度のお申込みを含みますが、これに限りません)にあたり、虚偽の届出または申告を行うこと。
  4. 本保証制度のご利用に関し生じた権利もしくは義務または本保証制度のご利用に関する契約上の地位を、弊社の承諾なく第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供する行為。
  5. 本保証制度の提供に関する弊社もしくは第三者の設備に無権限でアクセスし、過度な負担を与え、その他本保証制度の提供およびその運営に支障を与える行為、またはそのおそれのある行為。
  6. 犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
  7. 上記各号の他、法令、公序良俗、本規約等に違反する行為、またはそのおそれのある行為。

第7条 修理事由審査の申請、修理の提供

  1. 購入者は、第3条2項に定める保証期間中に、当該修理事由を弊社所定の方法により申請するものとします。購入者が当該期間中にこの申請を行わない場合、保証修理の提供を請求することはできません。
  2. 弊社は、前項の申請があった場合、修理事由に該当しないことまたは第4条から第6条に定める場合に該当することが明らかな場合を除き、必要に応じて、購入者に対して、弊社所定の修理事由審査に必要な資料等に関する通知を送付します。
  3. 購入者は、前項の通知を実施した場合は、すみやかに、弊社指定の送付先に、別途弊社の定める書類および証拠ならびに弊社が必要に応じて別途指示する書類および証拠(以下あわせて「審査資料」といいます)を送付します。なお、弊社が修理事由の審査に関する問い合わせを行った場合、ユーザーは、これに速やかに回答するものとします。
  4. 前項の問い合わせへの回答にかかる費用は、購入者の負担とします。また、購入者は、審査資料を当社が返還しないことをあらかじめ承諾するものとします。

第8条 保証修理の依頼方法

購入者が保証修理を受ける場合は、弊社所定の方法で提供する保証書に記載の電話番号に記載の専用コールセンターに必ず事前連絡の上、オペレーターが案内する所定の場所に当該自動車を持参し、修理を依頼することとします。本保証制度の専用コールセンターに事前連絡なく直接整備工場に修理を依頼した場合は、本保証制度の対象となりません。なお、本保証制度は名目如何にかかわらず何らかの金銭債権を購入者に付与するものではありません。

第9条 保証の解約

本保証の解約はできません。

第10条 本保証制度の提供終了

  1. 弊社は、以下のいずれかに該当する事由が生じた時点をもって、本保証制度を終了するものとします。
    1. 第3条2項に示す保証期間が満了したとき。
    2. サポート対象商品の譲渡等により、本保証書に記載されている購入者が使用者でなくなったとき。ただし、購入者との関係が、配偶者、親、子、同居の親族(6親等以内の血族、および、3親等以内の姻族)に対する譲渡等の場合は、1回限りにつき効力を失いません。
    3. サポート対象商品が日本国外へ持ち出されたとき。
    4. 第3条2項に示す保証期間中に、以下の車両に変更されたとき。
      • 人の運送の用に供する乗車定員10人以下の普通自動車及び人の運送の用に供する小型自動車を除く、全ての自動車(営業用途車両(緑・黒ナンバー)・レンタカー・特殊車両・特種用途自動車(身体障がい者輸送車・車いす移動車を除く)・レース、ラリー、トライアル等の通常使用目的以外で使用する車両・違法改造車両を含みますがこれに限りません)
    5. その他、弊社は、ユーザーへの事前通知をすることなく、いつでも本保証制度の全部または一部を終了または変更できるものとします。
  2. 購入者は、本保証制度終了時以降に発生した修理事由を原因として、保証修理の提供を請求することはできません。

第11条 損害保険充当

  1. 弊社は本保証制度の円滑・安定運用のため、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(以下「本保険会社」といいます)と保険契約(以下「本保険契約」といいます)を締結し、本保証制度を運用しております。ユーザーは、本保険契約の締結履行、保険金請求手続その他に関し、弊社、または受託者へ委任することについて事前に同意し、何ら異議を述べないものとします。
  2. 本保証制度は、ユーザーに対して本特約に従い保証修理を提供し、本保険契約に基づき本保険会社より受領する保険金を当該保証修理に係る費用等の支払に充てる仕組みとなっております。そのため、弊社または本保険会社は、修理事由の有無または内容を把握するために必要と判断する場合、ユーザーまたはサポート対象商品等に対して調査することができるものとします。

第12条 出品者または購入者情報の確認および取扱い

  1. 弊社または受託者は、本保証制度の利用にあたり必要と判断した場合は、各種確認書類(本人確認書類等)の写しの提出を出品者または購入者に求める場合があります。
  2. 弊社は、本保証制度の提供にあたり取得する個人情報(当該情報または他の情報と照合することにより、本人を識別し得る情報をいいます。)を弊社が別途定めるプライバシーポリシーに従い取り扱います。

第13条 損害賠償

ユーザーが本特約に違反した場合、当該ユーザーが、当該違反により損害を受けたユーザー及び第三者に対する損害賠償責任を含む、一切の責任を負うものとします。

第14条 本保証制度利用料

  1. 弊社が負担するものとします。
  2. 本保証制度は無償で提供されるものとし、弊社は、本保証制度の提供にあたり、購入者から何らの対価も取得しません。
  3. 第3条2項に記載の保証期間におけるメルカリ負担額の合計が第3条3項に記載の保証限度額を超過した場合、当該超過分は購入者のご負担となります。また本保証制度のご利用にあたり、対象部品以外の修理を希望される場合、その部品代および修理代等は別途購入者のご負担となります。
  • 2020 年 3 月 31 日改訂
  • 2019 年 5 月 15 日制定
出品